2007年2月 3日 (土曜日)

スーパーマーケットのBGMで

さきほど、なんの変哲も無いスーパーに買い物に行ったんですけど。よく、JPOPとかが歌抜きで安っぽいインストだけでBGMとして店内に流れてるじゃないっすか。そん時流れていたのが

MALICE MIZER「ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~」

うわー。なぜ・今・MALICE?(笑)いや・・・この歌は好きなのでいいんですけどね( ̄∀ ̄;)

| | コメント (0)

2006年11月18日 (土曜日)

アダルティな木綿のハンカチーフ。

さきほど、車の中でipodに入れていた「木綿のハンカチーフ」のカバーを聴いていたら・・・

『体に火をつけてね』とかいう、なんだかイヤラシイ歌詞が!さすが、椎名林檎!!ハレンチ!!!(><*)でも、よく聴き直すと『体に気をつけてね』でした。ああビックリしたなあもう(´・ω・`)

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木曜日)

最近のお気に入り語録。

デスメタルバンドで「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)というのがありまして。ありまして。そのヴォーカルのクラウザーII世の言葉・・・

「音楽に感謝している。ミュージシャンになっていなければ、猟奇殺人者になっていたから」

という言葉が、らしくて良いです。また、クラウザーさんは生まれた瞬間に「殺してくれ」と頼んだそうだとか。生まれながらにして、自分が危険であるという事を知っていたのですね。いや、イカスわぁ・・・( ̄∀ ̄*)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年3月14日 (火曜日)

TSUTAYAでCDレンタル。

CDが5枚で千円キャンペーンをやっていたので、仕方が無く5枚借りました。

「THE VERY BEST OF ANZEN-CHITAI」(安全地帯)・・・懐かしさで、つい。

「SINGLES」(爆風スランプ)・・・懐かしさで、うっかり。「旅人よ」あたりが聴きたくて。

「さよならセシル」(小島麻由美)・・・なんか、CDがオーラを放っていたので(笑)この人の曲、意識して聴いた事ありませんでした。このアルバムの「私の運命線」「セシルカットブルース」「やられちゃった女の子」あたりが好き。特に、ラストの「やられ~」が、かなりツボ。どうしよう。

「なつかしのテレビアニメ主題歌メモリアル~SF・ロボットアニメ編~」・・・まあ、妥当なラインナップですかね。「ボルテスV」とか、「コン・バトラーV」とか「ダンガードA」とか。「キャシャーン」が異彩を放ってますが( ̄∀ ̄)

「懐かしのアニメ主題歌集」・・・最近、アニソンモードなので(笑)これは2枚組なんですけど、1枚目は「マクロス」とか「メガゾーン23」「ゴーショーグン」「モスピーダ」「ドルバック」「スラングル」等の男の子向けと、「ときめきトゥナイト」「ミンキーモモ」「おはようスパンク」「ななこSOS」等の女の子向けが混在。・・・あ、「ななこ」は大きいお友達向けだった(笑)てな感じで、1枚目は80年代って感じでまとまってて良いんですが・・・ですが・・・。なぜに、2枚目になるといきなり「狼少年ケン」だの「マグマ大使」だの「エイトマン」だの、あまつさえ「ひょっこりひょうたん島」だのというラインナップなのか(-ε-メ)年代的に1枚目と幅ありすぎでしょ・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火曜日)

ポルノグラフィティの空耳。

てなわけで、ポルノの歌で「Free and Freedom」という歌があるのですが。歌詞の18行目のラストの「漂流を終える」という部分が、どーうーしーてーもー・・・

「巨乳OL」

としてしか、ボクのロバの耳は認識してくれないよ、ママン(´・ω・`)他の人の意見を待つ!!( ̄∀ ̄)/(・・・いや、待たんでも。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金曜日)

audio-technicaのイヤフィットヘッドホン

以前、ナンバーズ4が当たった時に、当選金でATH-EM7 SVを購入しました。昔、ipod用にヘッドホンを探していた時にサイトで見かけた瞬間、「これだっ( ̄∀ ̄*)」と思ったモノです。ただ、その時は使用者のレビューに「音漏れがしやすい」とあったので購入を見送り、他の3000円台のモノにしたのです。でも、数年経過しても、やっぱりこのデザインが忘れられないので新宿のヨドバシカメラで8700円ぐらいで買いました。

Pa0_0007_1

↑なんだか、黒い紙製のパッケージに入っています。男性下着売り場のトランクスみたい(笑)でも、この紙製ってとこがなんだかプラスチック製のパッケージに入っているより高級感を感じさせてくれるような気がします。

Pa0_0006

↑「超剛性の鍛造アルミニウム合金のハウジング」らしいですよ、奥さん。たしかに、見た目の質感はなかなかのもの。ただ、表面を触ったり持ったりすると、意外と軽くて爽やかで、ギャップを感じるかも。・・・まあ、見た目通りに重いと耳が疲れてしまうわけですが。ちなみに、コードやプラグを含まない質量は30g。ラバーサポート付きの繊細なイヤハンガーは、カバンの中に無造作に入れておくと圧壊してしまいそうなので、多少の手間はかかりますが、使わない時は付属のポーチに入れています。でも、この細いイヤハンガーと力強さを感じるハウジングの組み合わせがカッコイイです。あと、コードが布巻きされているのも、一般的なヘッドホンとは違う所有感を味あわせてくれます。

サイトをたどっていただくとわかりますが、これと同じシリーズでアルミ削り出しボディのヘッドホンもあって、そっちはクルマのディスクブレーキをイメージしたデザインでかなりイカスのですが、値段が倍するのでこちらをチョイスしました。でもこっちのフラットなメタルボディも好き( ̄∀ ̄*)肝心の音質ですが、自分はそっち方面はよくわからないのでレビューは出来ません(笑)ただ、コレもこの前に使っていたヘッドホンも、低音は弱いような。ipodに付属していたイヤホンが一番低音がキレイに聞こえます。あと、パッケージの裏面にも「構造上音が外にもれやすくなっています。と」書かれている音漏れ問題ですが、一緒に通勤している嫁に実際に電車の中で隣に座ってチェックしてもらったところ、自分が普段聴いている音量であればほとんど問題無い事がわかりました。自分の場合、耳をすまして聴くぐらいにボリュームを絞っているので。このヘッドホンは長く愛用したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日曜日)

昨日の夫婦カラオケ。

久しぶりにカラオケに行ってまいりました。夫婦二人で3時間。以下、自分が歌ったモノ一覧。他人にとっては、本当にどーでもいい情報ですね(微笑)

1. 「創生児」(THE YELLOW MONKEY)・・・初歌唱。微妙に歌えなかった所があったかも。でも、歌詞はカッコ良いっすねー。

2.「いいわけ」(シャ乱Q)・・・古い、古いなー(笑)いや、先日ipodでランダム再生の時にかかったので、ちょっと懐かしくて。

3.「GLORIA」(ZIGGY)・・・初歌唱。ナウいヤングの皆さんは知らない歌でしょうかね。サビを歌うと、けっこーカタルシスを味わえます。原曲はサビのリフレインが何度も何度もラストにかかるんですけど、カラオケでは気にならなかったかな。

4.「夢に消えたジュリア」(サザンオールスターズ)・・・初歌唱。アルバム「キラーストリート」を聴いてから好きになった曲。サビがサザンっぽいですが、最初のサビの所をミスってしまいました。

5.「BOHBO NO.5」(サザンオールスターズ)・・・初歌唱。これも、アルバム聴いてから意識し始めた曲。普段からテレビとかラジオとか聴かないから、アルバムにまとまってからじゃないと意識しないっす(笑)ちょい下品っぽさが、これまたサザンくさい。

6.「カルマの坂」(ポルノグラフィティ)・・・初歌唱。この歌については、いずれ記事を一本書く予定です。覚えようとして聴いていなかったので、ちょっと苦戦。一般的には簡単な歌だと思うんですけどね。

7.「夢であるように」(DEEN)・・・ゲームの「ティルズオブデスティニー」だかなんかの歌ですよね。当時、TVCMでこの曲を聴いてビビッと来ました。数年ぶりに歌ったんですが、なんだか伴奏が寂しい気が。こんなんだったかなあ?まあ、2コーラス目は気にならなくなりましたが。

8.「ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~」(MALICE MIZER)・・・MALICEのだと、大抵は「月下の夜想曲」を歌うんですが、今日は珍しく、こっちを。原曲を聴いていると、そんなに難しい感じでもない気になってしまうんですが、なんだか難しい。つか、カラオケ画面の歌詞の色が変わるのを見てしまうと、この曲の場合は外れてゆく・・・。がっくんは上手い人だったんですねー。

9.「レティクル座行超特急」(筋肉少女帯)・・・もう、すっっっかり忘れてしまっていたので、途中で演奏中止。イントロは、なんだか不安感を煽られる感じで良いんですけどねー。

10.「恋の歌謡日」(ゆず)・・・これも以前にDVDは買ったけど、実はよく覚えてませんでした。無念。

11.「誰がために」(サイボーグ009主題歌)・・・あーーー、これカッコ良いなー。先日、アニメタルを聴いた時に、久々に歌いたくなって。イントロのバックで「ウッホッ、ウホッ」言ってるのとか、素敵。

12.「BURN」(THE YELLOW MONKEY)・・・遅ればせながら、年末に初めて巡り合った曲。もしかしたら、イエモンの中で一番好きな歌かも。PVもかなり素敵でした。吉井さんのコブシの回し具合やメロディラインが、なんかノスタルジーを感じます。イカス。

13.「メロスのように-LONELY WAY-」(蒼き流星SPTレイズナー主題歌)・・・数年ぶり。イントロしか覚えてないかと危惧しましたが、なぜか余裕。番組自体は観てなかったんですが、友人からシングルCD借りて、歌だけは好きだったので。自分は普段は音域が狭いのですが、たまにリミッターが解除される歌があって、そういう時は音域が広がるんですけど、これもその類の曲。ちょっと気持ち良かった(笑)

14.「くちびるにうた」(ポルノグラフィティ)・・・初歌唱。てきとーに入れたんで、タイトルだけでは、どの歌かわかんなかったんですが、イントロでわかりました。まあまあ歌いやすいけど、特に前半と後半でシンメトリじゃない構成(多分)が面白いです。歌詞で「猫がささやく」という部分があるんですが、我が家では以前からこの部分を「猫が刺される」と空耳ってます。むう。

15.「「いちご白書」をもう一度」(TAK MATSUMOTO featuring 神崎茜)・・・初歌唱。B'zの松本バージョンです。原曲も歌った事ないっす。昔の歌ですが、せつなげな雰囲気がとても良いです。

16.「雨月の使者」(中島みゆき)・・・初歌唱かな、どうかな。NHKの同名ドラマの主題歌。どうりで、唐十郎が作詞してるわけですね。先日、久々に中島みゆきのCDを引っ張り出して来て聴いたので、歌いたくなったパターン。

17.「Morning After」(RED WARRIORS)・・・「鎖で繋ぎ合う 手首が ちぎれてしまいそう」という部分のメロディや雰囲気が好き。レッズ、大学の時に好きだったなー。

18.「愛の金字塔」(六神合体ゴッドマーズエンディング)・・・主題歌もかっこいいんですが、今日はエンディングを。ただ、このタイトルはどうだろう。「愛」と「金字塔」って、並び立たない単語だと思うんですけど。自分と嫁で大ブーイングでした(笑)

19.「SPY」(槇原敬之)・・・初歌唱。あまり覚えていないので、かなりつっかかった部分が。サビの「だけど 信じてる信じてる」のあたり、歌うとイマイチかな、とか思ってましたけど普通にノレました。良かった良かった。

20.「MONEY」(浜田省吾)・・・以前、嫁が歌って、それ以来好きになった曲です。まあ、今の時代的には熱すぎるっつーか、ハングリーすぎるっつーか、野良犬すぎるイメージかもしれませんが、好き。「最高の女と ベッドでドンペリニヨン」、いいじゃないっすか。酒飲めないけど(笑)

21.「ムーンライト伝説」(美少女戦士セーラームーン主題歌)・・・時間が半端に余ったので、1コーラスだけ。嫁が、「誰が好きだった?」と聞くので、「まこちゃん( ̄∀ ̄)」と答えてやりました。嫁的には、「亜美ちゃん」が来るかと思ったらしいです。ちなみに、嫁が好きなのは「レイちゃん」。そんな話をしながら420号室を出たのでした。うわー、セラムン締めですか┐(^ー^)┌

夫婦合わせて40曲ぐらい?今度はもっとアニソンを・・・( ̄∀ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月14日 (土曜日)

ぼく、キャシャーンになったよ。なったんだよ。

てなわけで、金曜日にあった出来事など。

朝、駅のコンビニに入ると三日連続でポルノグラフィティの「ジョバイロ」がかかっておりました。いや、ポルノ節が炸裂していて好きな曲だからいいんですけど、たまたま有線だったのか、あるいはジョバマニアの店員がいるのか・・・ううん。

昨夜、夜中に喉が痛いのに気づいたので今日は一日中、マスクをかけておりました。職場の若い子が一目見るなり「あ、キャシャーン(笑)」と笑ってくれました(--メ)そうか、キャシャーンか・・・。去年も違う子にキャシャーン言われたなあ。ちなみに、こんな。

Cas2 (撮影:嫁)

ヘッドフォンは、よりキャシャーンらしくするために(何故)わざと装着。いや、らしくなってないよ全然!まあ、ちょっとキャシャーンになりたい人は、こちらのマスクを買ってみてはいかがでしょうか。広く顔面を覆ってくれるので安心感があり、愛用しています。自分は気管支喘息の人なので、冬の朝の冷たい空気を吸っても息苦しくなるので風邪ひいてなくても使ってます。ただ、眼鏡は曇りまくりですが。

職場の若い子と、とあるサークルを作っていて自分は顧問やってるんですが、毎回テーマが出て、それに沿った絵を描くんですけど、今日はその課題をやりました。女の子の絵を描いたら、普通に左手が六本指になりました・・・。こんな自分が若い人の漫画の指導なんてして良いのかと・・・orz(良くない)

前回の記事のブログペットが記事だかコメントだかを書かない理由はさっぱりわからず。ううん。

明日はイラストのための部屋でもブログに作ろうかな。

あー、書き忘れてた(笑)夜、テレビで新番組の「夜王」を20分ほど観ました。なんか、すごいしもぶくれのホストが若干1名いました・・・。うん、パタリロみたいだった(^^)

さらにNHK教育の「しゃべり場」を観ました。テーマがオタクだったので。つか、問題提起の彼は「最初から拒絶しないで、まずこちらの提示するモノに触れてから受け入れの可否を決めてくれ」と言ってましたが・・・・・・・・・「萌え系」は無理でしょう、一般人には(笑)おそらく、自分の趣味や仕事や感性なんかは同い年の一般的なリーマンよりも彼に近いスタンスだと思うんですが、それでも正直「萌え系」は興味無いし、ハアハアばっかりしてる子みると、「うーん(--)」と思いますもん。それに問題提起の彼、「自分は周りをよく見れる」(←空気が読める、と言いたいらしい)とか言ってたけど、人間社会で生きてるなら空気読めて当然だし(19歳なんだし)、でも、本当に周りが見えてるなら、なにゆえとび職の彼に「パニポニ」を勧めるのか(笑)やっぱりねえ、「スラムダンク」なら良いと思いますよ、一般人とマンガの話するなら。浸透率が違うし。「同じマンガじゃん!」と彼は怒るかもしんないけど、違う世界のモノですよ。別に優劣の問題ではなくね。萌え系の話は仲間内で楽しんで、一般人とは一般的な話をする・・・とかじゃ駄目なのかな、彼は。

CASSHERN DVD CASSHERN

販売元:松竹
発売日:2004/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土曜日)

ゆず「恋の歌謡日」DVD買ってみる。

以前、同僚がカラオケで歌って、そのPVが楽しかったのでお店で探していたんですが、なかなか見つからなかったんですよ。だから今回、オンラインショッピングの「セブンドリーム・ドットコム」でお買い物。手数料・配送料無料で好きな時に受け取りに行けるのがありがたいー(留め置き期間はあるけど)。PCにクレジットカードの番号を打ち込んだりもしないから、安全だし。今更ながらなんだか感心(笑)今後もなんかあったら利用しても良いかも。新作ゲームソフト(たとえばFFXII)なんかも発売日の朝7:00に入手できるみたいです。つっても、自分はそこまでゲームにハアハアしないんですけど。

そして、レビュー・・・つうか感想ですが、あのPVの前後のドラマも付いてます(笑)ナレーションが中江真司なのも嬉しい。ただ、ナレーション自体の語呂はもう少しイイ感じにしてくれた方が聴きやすいのになあ。惜しい。「最終回~さらば愛しき人~」のラストの締め方も、まああれはあれで「恋の歌謡日」テイストで良いのかもしれませんが、もう少しベタな終わり方でも良かったかも。まあとにかく、潤子とムーチョの愛の物語を堪能したい人は1575円という値段を考えても良いアイテムじゃないですかね(笑)あとは、これにCDシングルを付けてくれてれば、カラオケ対策の練習が出来たのに・・・残念。

恋の歌謡日 DVD 恋の歌謡日

販売元:トイズファクトリー
発売日:2002/08/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火曜日)

布袋のセルフカバーを聴いてみる。

「ALL TIME SUPER BEST」を聴いてみましたよ。BOOWY・COMPLEX時代の楽曲やソロの楽曲のセルフカバーのアレ。その中から、なんとなく感想を書いてみようかな的な今日の記事。つっても、音楽的な事はまるでわからないので、本当に単なる感想(笑)

「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY SAMURAI MIX」・・・映画「仁義なき戦い」のテーマ。「KILL BILL Vol.1」でも印象深いあの曲。今回のバージョンでは、残り2分ぐらいの所でオーレン・石井の「ヤッチマイナー」の台詞が入っていて、一緒に聴いていた嫁ともども「おー」と言ってしまいました(笑)こういうのは嬉しいですねえ。あと、「SAMURAI MIX」だけあって(?)お侍さんの掛け声っぽいのが所々に入っています。

「POISON SEXY JAZZ VERSION」・・・最初はそうでもないんですが、2分過ぎぐらいから、ジャズっぽさがより強調されたアレンジになっていて楽しいです。原曲もなんだかわりと豪奢(?)な感じでしたが、それと比べてもさらにプチゴージャス感が出たような?

「バンビーナ BAMBINA GO! GO! VERSION」・・・原曲より賑やかな音になってます。歌詞のサビのバックにチャカポコした音が加わるのとかが、なんか可愛いなあ。あ、ラストの締め方も元気で良い感じ。

「BEAT SWEET 25YEARS ANNIVERSARY VERSION」・・・なんか、間奏のアレンジとかが原曲よりネチっこい感じがします、良い意味で(笑)

「スリル PUNKY VERSION」・・・特に間奏が、なんかパンキッシュ?(^^;)・・・だんだん書く事が少なくなってまいりました(笑)

「さらば青春の光 UNPLUGGED VERSION」・・・なんか、晴れた日曜日の夕暮れの河原っぽい感じがするような、そうでもないような・・・(待て)。

・・・全曲の感想ではないですが、まあこんなところで(^^;)

ALL TIME SUPER BEST(通常盤) Music ALL TIME SUPER BEST(通常盤)

アーティスト:布袋寅泰
販売元:東芝EMI
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)