2010年1月28日 (木曜日)

無修正画像、流出

てなわけで、ネタが無いから同じ記事を引っ張れるだけ引っ張りますよー(笑)

例のマトリックス避け画像の無修正版です。

Img_9691

↑白いベンチの上に寝てました。靴下が白いのがダサイのなんの。靴下を黒くしました。

あと、左のフトモモの裏あたりにコートを足しました。

改めて、修整後(弾道無し)を比較用に再アップします。

Img_9692

頭の直下の床の影がどうにも透明感が無い・・・。

でも、生活感あふれる空間でやってるのがアリな気がします(笑)日常の中の非日常って感じで。

| | コメント (1)

2010年1月24日 (日曜日)

マトリックス避け・加工

てなわけで、昨日の画像に弾道を加えてみました。

Img_9692

一応、DVDのパッケージ画像を参考にはしたんですが…トホホな出来栄え。弾丸は本編では光ってないんですが、なんとなく(笑)

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土曜日)

なんでかコスプレ

ちょっと前に買ったコートがマトリックスくさかったので、愛犬を抱いて

「マトリックス避け」

にチャレンジです。

Img_9692

・・・。・・・・・・。・・・・・・・・・。

うん、こんなコトやってるから風邪がなかなか治らないんだな(笑)

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土曜日)

お笑い

最近、ちょっと「お笑い」を見るのが好きです。つっても、YOUTUBEとかチェックしたり、テレビ番組だと「お笑いレッドカーペット」観るだけですが。

好きなのはオードリーフルーツポンチ、あと名前知らないけど銀色のシャツ着てハチマキ(?)締めて「わかちこ・わかちこ」言う人。ああ、もう中学生の不思議な感じもちょっとそそられます。

今週のレッドカーペットの最優秀だった、タンバリンの人も笑ったなあ。選曲が「フレンズ」とか「キャッツアイ」っていうのも、また・・・(笑)最後まで言葉を発しなかったのも良いですねー。

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日曜日)

コマーシャル作成ソフト

試しに作ってみました。「パンズラビリンス」のペイルマンというクリーチャーをモチーフに。

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

愛しのペイルマン by いおぽんさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

| | コメント (1)

2008年6月23日 (月曜日)

悶え死ぬ。

SoftBankの白いネコのCM・・・

やばい、可愛い(*^Д^)=з死ぬううう。

てゆーか、ものすごく「プー猫」っぽくて、そこらへんもファンとしては嬉しいしころ( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土曜日)

「パンズラビリンス」を観た。

画像ネタバレあり。

鑑賞後は、色々と重い印象が残りました。良い意味でも悪い意味でも。ノーテンキなファンタジーかと思いきや、あらびっくり。気に入った部分はあの子守唄。あの哀愁を帯びたメロディがたまりません。

あとは、ヒロインが第一の試練で大木の中に入る時の立ち姿。

Pans1

Pans2

↑この一連のポーズがたまらない。カッコ良く美しい( ̄∀ ̄)映像で観ると、もっと良いです。

あとは、何番目かの試練か忘れましたが、初めてチョークを使ってドアを作って剣を取りに行く試練の時のクリーチャー。

Pans3

↑なんか、生理的嫌悪を通り越して「根源的嫌悪」を感じます。嫌悪っていうより、むやみやたらな恐怖感。日本人の心理の闇を刺激してくるような、そんな佇まい。

Pans4

↑うたた寝が終わると、掌に眼球をはめてこんな感じに。このクネクネした動きが暗黒舞踏的でまた怖い。

さて、この物語は自分的には「全てヒロインの空想」だったと思います。その方が切なさが倍増するので自分好み。

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土曜日)

バイオハザードIII

観て来ました。以下、ネタバレありです。

先日、テレビで「アポカリプス」を流した時にも冒頭7分間の映像を流してましたが、このイントロが楽しい。つか、「え、コレは何・・・どーゆー事???」な感じで、ツカミとしては良いのではないでしょうか。「1」「アポカリプス」と観てきた観客へのサービスとも受け取れなくもない。

クレア・レッドフィールド役のアリ・ラーターは「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」(こっちのシリーズの役名も「クレア」)で気に入った女優さんです。「ファイナル~」では24歳でしたが今は31歳。少し顔立ちが変わったかな。口元のフニャっとした雰囲気は健在です。残念なのはジル・バレンタインが出てこない事。あのカッコ良いシエンナ・ギロリー、本当に良かったのに。「III」ではアリス・クレア・ジルの三美女による共闘も期待してたんですが・・・。

ククリナイフ(山刀?)を両手に持ってアクションするミラがカッコ良い。二丁拳銃よりもパワフルでアクションアクションしてて良いですね。高速スピンジャンプや前後180度開脚アクションも良い。ただ、ゾンビ犬とのバトルはアップが多くて何やってんのかわかりづらいのが残念でした。

「マッドマックス2」が好きな人は是非( ̄∀ ̄)

コンピュータの白いドレスの娘さん、綺麗ですね。初代の妹なのか(笑)

スーパーアンデッド軍団の皆さんはとても生き生きとしていて元気一杯でしたね。

カルロスの死に際は、ものすごい余裕かましっぷりがカッコ良いです。

アンプレラのウエスカーは芝浦とか品川とか、あの近辺に潜伏していて、アリスがコピー軍団率いて日本襲撃なんスかね、「IV」だと。ただ、超能力がなー・・・。

レビューサイトでは評価低いですが、自分はある意味「アポカリプス」より好きかも。

点数・・・7.5点

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月曜日)

最近観た映画&買ったDVD

ネタバレあり。

観た映画。

「どろろ」・・・手塚治虫原作の実写化のアレ。百鬼丸の両腕を外した状態での仕込み刀のビジュアルはカッコ良く、最初の方のストイックな雰囲気も良い・・・のだけれど、もー色々ダメダメ。仮面ライダーに出てくるような、あの「トカゲ怪人」はどうにかならんのですかな?人間関係とそれに付随する感情の動きも微妙すぎです。柴崎コウもなー、頑張ってたんだけどなー。2点。

「座頭市」・・・勝新太郎が最後に作ったバージョン。カット割りのテンポとかキャラとか微妙・・・。でも、殺陣のスピードはすごい。たけし版のスピードが5だとしたら、勝版は10。ちょっとビックリしました。でも、盲目の主人公ってだけでキャラ立つんですよね。とても良いキャラですね。今、自分の中で座頭市ブームなんでそれだけで点が甘くなってしまいます(笑)5点。

DVD買って・観た映画。

「英語完全征服」・・・「僕の彼女を紹介します」の主役のチャン・ヒョクが主人公・・・というか、女優のイ・ナヨンが主人公かな、とにかくそーゆー映画。チャン・ヒョクのツルリとした清潔感のある顔と佇まいが好きなんですよ。中身は他愛の無いコメディですが、クライマックスのキスシーンでかかる、あの演歌調の曲はどういうセンスですかorz5点。

「クイック&デッド」・・・シャロン・ストーン主演の西部劇ガンアクション。LDからの買い替え。LDでは存在していた、ヒロインと牧師との濡れ場がカットされていてビックリ。あのシーンがないと、二人の共闘がテキトーなイメージになってしまっています。なんなんだ。7点。

「ヤングガン」・・・エミリオ・エステベス、キーファー・サザーランドといった、当時若手の俳優が主演のビリー・ザ・キッドの物語。LDからの買い替え。キーファー・サザーランドは「24」の主役ですが、いやー、まだ若いなあ。映画自体は、久々に観ると意外とこじんまりとした印象を持ってしまいました。あれー?でも、やっぱり好きですね。リンカーン郡の戦いのトコで、ヘタレのチャーリーがついに怒鳴りながら銃を乱射するシーンの哀しいBGMを使うセンスとか良いです。チャーリーの悲痛に呼応する仲間とかグッと来ます。8点。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」・・・「ゾンビ」のリメイク作の「ドーン・オブ・ザ・デッド」のパロディ映画。ホラーコメディですが、泣かせる部分やホラーな部分もあり、面白いバランスの映画。クイーンの曲に合わせて3人で1人のゾンビをタコ殴りにするシーンは楽しすぎます( ̄∀ ̄)7点。

「マイ・ライフ」・・・昔、ビデオで観て最後のサーカスが庭にやってくるシーンでダーダー号泣した映画。数年を経て再び観ましたが、また涙がボロボロ出ました。末期ガンに冒された主人公が生きる努力をする話ですが、展開の描き方が面白く、またコメディパートも笑えます。妻役のニコール・キッドマンが本っ当に美人さんですわー。8点。

DVDだけ買った映画。

「ヒッチャー」・・・ルトガー・ハウアーが主演のヒッチハイカーがストーカーになるアレ。LDからの買い替え。空気感とか綺麗だった気がします。過去の体感評価で8点。

「スピード」・・・キアヌ・リーブスが主役のアレ。LDからの買い替え。やっぱノンストップ王道アクションの秀作だと思います。過去の体感評価で8点。

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日曜日)

最近観た映画。

ネタバレあり。

「座頭市と用心棒」・・・今描いている作品の資料用に鑑賞。1970年公開ですから37年前の映画なんですが、普通に面白かったっす。意外とギャグがあったりして。用心棒は三船敏郎。自分は詳しくないのでわかんないんですが、イメージとして黒澤明の「用心棒」を引き継いでいるみたいです。別人らしいですが。だから、ある意味「マジンガーZ対デビルマン」みたいなノリらしいです。殺陣が、もっとたくさん観たかったなあ・・・と思いました。あと、石仏を彫っている役者は北野武版「座頭市」でのラスボスの人?すごい似てるんですけど。7点。

「デッドコースター」・・・「ファイナル・デスティネーション」の続編。一作目からの状況を引き継いでいるのが嬉しい。でも、前作の主人公は結局死んでしまったんですね。続編で、やってる事も同じなのに「死」のアイデアや見せ方がパワーアップしているので面白いです。前作からの生き残りのヒロイン、クレア役の女優さんはミラ・ジョボビッチに似ている気がします。と思っていたらバイオ3では、クレア・レッドフィールド役だとか。またクレア。8点。

「戦場のピアニスト」・・・うーん、ユダヤとナチが出てくると辛いですなあ。ドキドキして。自分は似たタイトルの「海の上のピアニスト」の方が好きかなー。5点。

「トランスフォーマー」・・・昨日観に行きました。話は、うーん・・・な感じです。まあ、レビューサイトで「話はダメダメ」とか書いてあるのを読んでいたし、自分達はメカ戦が観たかったので、気にならなかったです。が、ちょっと地球人側のキャラクター達が多くないっすか?主人公とヒロイン、米国国防省グループ、セクター7グループ、兵隊さん達、女子と大食いのハッカーコンビ・・・。あと、不覚にもクライマックスへ向かうところでウトウトしてしまったので、主人公がキュープをどこに一生懸命持って行こうとしてるのかわかんなかったなあ(笑)あと、下品なギャグが多めでしたね。いいけど。構図はカッコ良いのが多くて原稿描く時の参考になります。7.5点。

他にもなんか観たと思ったけど忘れた・・・。とほほ。

| | コメント (0)