« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日曜日)

脳内メーカー

「いおす」名義の時の自分の脳内は、こんな感じらしいですよ・・・


脳内メーカー

・・・うーん、「脳内がHだらけだったら、お約束だけど、さすがににそう上手い事はいかないよな」とか思っていたら、ねえあなた。

お 約 束 す ぎ だ よ 、自 分・・・orz

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土曜日)

最近観た映画。

ネタバレあり。

「スプラッシュ」・・・トム・ハンクス主演の人魚コメディ。今更ながら、初めて観ました。細くて若いなあ、トム・ハンクス。人魚役のダリル・ハンナは「キル・ビル」のエル・ドライバーを演った人か・・・生き残っているんだなあ、業界を。人魚の尾ひれが意外と生っぽいっていうか、ややグロ。5点。

「ファイナルデスティネーション」・・・死神に決められた「死」を先読みして回避していく系のお話。同僚のおねーさんにも薦められていたんですが、いやー、映画でドキドキしたの久しぶりですわ( ̄∀ ̄)クラスで孤立してる個性的なヒロイン造型って、アメリカ映画的。「デッドコースター」も観るぞ。8点。

「バタフライ・エフェクト」・・・日記を読んで、思い込む力でその過去の状況に飛び、その状況を自分の行動で変える事で他の全ての事象(職業・人間関係・生死)が変わる、というネタ。「北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起きる」(だっけ?)のカオス理論を元にしてる?最終的に主人公の彼がとった行動は、彼女に対して・・・・・・る事だった・・・というのが切ないですね。まさに「せつないハッピーエンド」というコピー通り。8点。

「オペラ座の怪人」・・・2004年バージョン。いやー、カッコイイ!!すげえ。やばい。大好きなシーンは、冒頭でシャンデリアが引き上げられ、ボロボロのオペラ座が蘇ってゆくところ・クリスティーヌがファントムに連れられて地下に行くところ・クライマックスの舞台での「Point Of No Return」の歌がかかるあたり。最後、ベタだけどクリスティーヌの墓にバラと指輪が供えられているのが嬉しかった。ファントムの純愛が感じられて。シーンだけなら、それぞれ10点満点。全体では9点。でも、レビューサイトでは評価低いんだよなー。いずれDVD買おう。CDは借りて毎日聴いています(笑)

最近は当たりが多くて嬉しいなあ( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土曜日)

ダイ・ハード4.0を観ました

ネタバレあり。

ぶっちゃけ風邪ひいたんですが、水曜日の夜にチケットを購入済みだったので、頑張って行って来ました。まあ、普通のアクション映画かなー、と。父と娘がそれぞれ敵と揉み合っている時に敵のホルスターに入ってる銃の引き金を引いて敵の足の甲を撃つ・・・という同じ展開が親子っぽくて楽しいです。ラストの、マックレーンが自ら傷口を撃つアイデアも、なるほど~。

ただですね、ナナメ後ろの席の中年カップルのオバハンがうるさくてうるさくて!!B.ウイリスが落下したら「ああーーーーーーー」、敵のヘリが登場したら「来たっ!」、システムを停めるためには現場に行かないといけない・・・というハッカー兄ちゃんの説明に対して「へー」・・・

あのな、

映画館はな、

おまえんちの

お茶の間じゃ

ねえんだよ。

いや、別に自由に観て良いんですけど、こっちの不可聴領域の波長でお願いします。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水曜日)

ジンクス発動

てなわけで、漫画家志望者の頃から「自分が投稿した雑誌は休・廃刊する」というジンクスがあったんですが。
…ええと、4月に投稿して入賞した「コミックボンボン」が11月発売号で休刊となりました(-_-;)「百合姫には、投稿じゃなく持ち込みにしてちょうだい…orz」と、職場のおねいさんにお願いされました(笑)

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日曜日)

最近観た映画。

ネタバレあり。

「君に読む物語」・・・夫婦二人の出会いから始まる恋物語を、老いた夫が認知症の妻に読んで聞かせるストーリー。なんせ相手は認知症ですから、なんどもなんども同じ話を毎日読むのです。クライマックスでのストーリーのうねりは、なかなか良かったですが、泣けるとこまではいかなかったなあ。一時、記憶を取り戻した妻に対して夫が「また会おう」というセリフなんかは好みなんですが。設定も嫌いじゃない・・・むしろ好きなんですが。あああ、なんかもったいない。6点。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」・・・自分が若かりし頃は、BTFは「観て当たり前の映画」だったんですが、20数年経った今、知らない子もいるわけで。それにしても、丁寧に作っている映画ですなあ。まあ、1作目が一番評価高いのは仕方が無いにしても、シリーズ通してハイクオリティ。デロリアンが木っ端微塵に砕けるシーンが好きです。7.5点。

「THE EYE」・・・アジアン・ホラー。ウチでは5.1chで鑑賞しているんですが、これは音響で驚くタイプの映画でした。音量ではなく、音の位置。斜め後ろから霊の声がズワッと聴こえてくる・・・orzつか、今「おんりょう」で変換したら「怨霊」と出てイヤな気分になりました。ヒロインがめっさ可愛い( ̄∀ ̄*)6点。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土曜日)

フレンチトースト

フレンチトースト
以前はマメく作っていたけど、最近ご無沙汰だったので久々に作りました。食パン5枚、卵2個、牛乳を約500cc、砂糖多め。たっぷりと溶液に浸してびしゃびしゃにしたのをフライパンで短めに焼くと、ふかふかでウマーで幸せですよ(´∀`)

| | コメント (3)

2007年7月11日 (水曜日)

週末のタリーズ

週末のタリーズ
カフェモカだかなんだかを頼んだら、こんなん出てきたです。ロマンチスト店員…?
ミドレンジャーの顔に見えなくもないが(´・ω・`)

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日曜日)

重いランチ

重いランチ
久しぶりに「ハードロックカフェ」に行ったら、期間限定の「ロックンロール・コンボ」とやらがメニューに上がってました。チーズバーガーとエビのフリッターのホットドッグとチキンのなんたら…で1575円。それぞれは微妙にミニサイズながら満腹感は相当のものなので、かなりお得。ああ、メタボリック街道爆進中だorz

| | コメント (2)

「必殺仕事人2007」

今、企画が進行中の漫画が時代劇なので、とても良いタイミングでのオンエア。迷わず、PCに録画。町並みや小道具や髪型や着物なんかに、いちいちフムフムとうなずきながら楽しく2時間観れました。・・・が、仕事人としてはどうよ?って感じですねorz

中村主水・・・一番美味しい所を持っていって欲しい。あと、前情報にあった「仕事人の元締め的存在」という設定はウソだったのね。

・・・奉行所では、マイペースで天然な昼行灯っていうイメージですが、一歩外に出るやいなや奉行所の同僚に対して上から目線での命令口調。どういう性格なのか、よくわからない。家でご馳走が出るのがイヤみたいだったけど、同僚は美味しく食べていたし、不味いワケでもないのに何故?伊武雅刀との立ち回りは、ちょっと良かったですが。

松岡・・・豪快で良かったですが、あの殺しの技は毒?佐野史郎の目の周り真っ黒になっての絶命は笑ってしまったではないですか。

玩具屋の茶髪・・・この人が関ジャニの人?あのヘビのオモチャはなあ・・・。ひかる一平のエレキテルの方がどんなにマシか。

和久井映見・・・マネージメントだけではなく、もっと本人も仕事に参加して欲しかった。陽動とか。

伊賀の娘・・・髪型が良い。顔立ちも良い。若い頃の宮沢りえっぽい。

やっぱり、キャラ配置として「秀」とか「政」とかの無口ストイック系と、京本政樹とか中条きよしとかの艶っぽいオトナ系のキャラは欲しいですなあ。

シリーズ化するなら、伊賀の娘のライバルに栗山千明を起用して、娘二人バトルを見せてください、おねがいします。あと、今回一番良かったのはBGM。過去の名曲てんこ盛りでシビれました( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土曜日)

最近観た映画

ネタバレあり。

「ダンシング・ヒーロー」・・・廃盤DVD。新品を定価より3000円高くヤフオクでゲットしました。旧態依然とした社交ダンス界に新しいステップを取り入れて挑んでいく主人公の話。ダサダサのヒロインがどんどん綺麗になってく様がマンガ的。所々で主人公とヒロインの感情の流れが不自然だったりしますが、好きな映画です。クライマックスのダンスシーンはBGMを含めてカッコ良い( ̄∀ ̄)LDからの買い直しの上にサントラCDまで持ってる自分。どんだけ好きなんだよ。それにしても、この邦題はダサいっすねえ。8点。

「スウィング・ガールズ」・・・東北の女子高生達が「ジャズやるべ♪」っていう、アレ。うーん・・・テンポが良くない。フォークデュオの兄弟の歌とか、所々で面白いんですけどね。竹中直人は、いつもいつも同じような役回りなんだけど、それでいいんスか。僕は好きだから良いですけど。5点。

「WATER BOYS」・・・まあ、お約束のテンプレの映画ですが、ノリ・テンポ・キャラ共に好きなのでDVD買ってしまいました。やっぱり、「スウィングガールズ」より数段面白いなあ。平山綾と眞鍋かをりが可愛いっすね( ̄∀ ̄)ゲーセンのシーンで、駐車場にカプチが停まっているのを今回新発見(笑)8点。

「プレデター」・・・シュワちゃん主演のアレ。「AVP」ではヒロインに優しいプレデターも実はこんなに凶悪な奴でしたか。昔、初めて観た時にはプレデターの顔の内部デザインが衝撃的だったんですが、数年ぶりに見直すとどうってこと無かったですわ。6点。

「エンゼル・ハート」・・・ミッキー・ローク主演の探偵物。これも実は主人公が***だった、という系。最近、このテの映画によく当たるなあ。冒頭の、道に転がってる死体は誰なの?あれが主人公だったの?5点。

「悪魔の棲む家」・・・リメイク版。たまにビクッとしました( ̄∀ ̄)クローゼットで殺された女の子のビジュアルが好きですね。これって実話ベース?んなわけないか。6点。

「プラダを着た悪魔」・・・アン・ハサウェイの眼球はなんて巨大なんだ。そつなく作られている映画。悪くはないんですが、なにかこう・・・一本ズシンと通してくれたらいいなあ。明快なカタルシスっていうか。6点。

「マーズ・アタック!」・・・事務所の若い子に勧められたんですが、うーんイマイチ。ティム・バートン監督作品ですが、意外とグロくて悪趣味ですね。若い頃のジャック・ブラックが観れたのが収穫かなあ。3点。

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日曜日)

ぬこ

ぬこ
本日の、うちのヒマラヤン先生(´∀`)その気になれば、つぶらな瞳も出来る子ですよ(笑)

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »