« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水曜日)

20年以上の付き合いのパネル。

高校生ぐらいの時の天野喜孝の絵が大好きでした。その頃に買ったパネルがコレ。

Amano

幾度の引越しを経て、いまだに手元にあります。読んだ事ないけど、これ・・・なんだっけかなあ。栗本薫の「カローンの蜘蛛」とかの表紙絵かなんかかなあ?とにかく、オリエンタルな美女・切れ長で強い意志を持つ目・黒い髪・安定構図・・・天野汁がドバドバ出ていて好きですわー( ̄∀ ̄*)最近の天野さんは・・・・・・・・・。(と終わる)

| | コメント (2)

2007年1月30日 (火曜日)

昨日今日読み終わった小説。

「GO」(金城一紀・著)

在日韓国人の高校生男子が主人公。父親が、テキトーなキャラかと思いきや実はしっかり考えたりしていた・・・とかのノリが素敵。主人公が線路を走るイメージとか、友人との関わりとか、各場面が非常にビジュアル的に想像しやすい文章。読み終わった時にタイトルの「GO」が胸を打つ感じでした( ̄∀ ̄)

「格闘する者に○」(三浦しをん・著)

漫画好きのヒロインが漫画編集者を目指して出版社に就職活動をかける話・・・と思って読んだんですが、実は友人・家族との関わりのエピソードがメインでした。うーん、ちょっと肩透かし。ラストの方で出てくる、山奥の若者キャラもトートツな感じです(´・ω・`)

| | コメント (0)

2007年1月29日 (月曜日)

花を買って帰る日。

今日は入籍した日なので、昼間から「帰りになんか買って帰るか」と思っていました。やっぱ、花かなあ・・・と考えたんですが、自分の帰る時間には花屋は閉まっています。と思いきや、なぜか今日は開いていたので覗いてみると、テーブルに飾るブーケが数種類。値段もお手頃なので買いましたさ。

Flower1

嫁が小瓶に生けてくれました。パソコンとプレステ2と新聞とゲーム攻略本が置かれているテーブルが華やかになりました( ̄∀ ̄*)

Flower2

・・・つっても、このガラスの小瓶は、ファイナルファンタジーのポーションの瓶なんですがね。まあ、ウチらっぽいっちゃウチらっぽいですわね。結婚式のお色直しの入場曲はクリスタルのテーマだったしねorz

| | コメント (1)

2007年1月28日 (日曜日)

おすすめ4コマ漫画( ̄∀ ̄)

職場の同僚に借りた一巻が面白く、自分でも買ってしまい、当然のごとく2巻も本屋で見かけた瞬間に上から二冊目を抜き取ってレジに直行したぐらいお気に入りなのがコレ。

Killer

「殺し屋さん」(タマちく・著)

画像は二巻の表紙なんですが、主人公は女の子の二の腕と刀の間に顔がある殺し屋さんです。手前の女の子は通称「父の仇娘さん」。殺し屋さんに父親を殺されて、仇を討とうと彼を付け狙います。まあ、ことごとくがシモネタに転換されて殺し屋さんが鼻血の海に沈むんですけどね。それにしても、二巻はやけに父の仇娘の出番が多かったなあ。いや、嬉しいので大歓迎ですが( ̄∀ ̄*)あとは、デカ長(中年のおっちゃん)とかも好きですね。「刑事の嗅覚が云々」とか言っておきながら、殺し屋さんとすれ違った時に

「あ・・・同じシャンプー・・・」

とキュンキュンしたりね(笑)つか、本当に付き合っちゃえばいいじゃん・・・。殺し屋・ギャグ・シモネタ・警察犬・中年刑事・美少女・小動物、以上のうち、どれか一つでも好きなモノがヒットしたなら買うべきだと思いますよ( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2007年1月27日 (土曜日)

どんな運なんだよorz

ブログペット占いで、こんなん出ました。

わんわん占い:女刑事音道貴子運下降気味

あなたの良い所は女刑事音道貴子や希望を失わず、いつも若々しくしている所。

・・・うーん、ここんとこ音道貴子関連の書き込みしかしてない自分に対しての罰なのですか。そーいえば、「若々しい」で思い出したんですが。数年前に、事務所にいた若い子が久々に事務所に顔を見せに来た時、俺様に向かって「いやー、全然若々しいですよねー!!」とか言ってきたんですが。本当に若い人間に対しては絶対に「若々しい」という表現を使わない事を彼女が知っていたかどうかが気になるところではありますが、そんな事より早く頼んだピザが来ないかなー。

るーるるるる・・・orz

| | コメント (2)

今日の気管支。

喘息のヤクが切れたので朝イチで行きつけのクリニックへ。気管支の収縮程度を見るために、機械の管を咥えて吸って吐いて・・・の検査を二種類。元々、肺活量は同年齢の男性平均値が100だとしたら自分は113で良い部類だったんですが、このクリニックに初めて来た時の気管支の収縮具合を示す数値が67(数値が小さいほどヤバイ)。それが今日は77に上がってました( ̄∀ ̄*)この77という数値は、わりと正常な範囲内だということで、今後は朝晩服用している薬のうち、朝の薬を減らす方向で行くっぽいです。吸入薬の「パルミコート200タービュヘイラ」も今までは朝晩一回ずつの吸入だったのが、寝る前だけになったっぽいです。少しは体がまともになったみたいで嬉しいなあ。いや、健康が一番ですてホント。正味の話。

| | コメント (0)

2007年1月26日 (金曜日)

今日読み終わった本。

「怪しいお仕事!」(北尾トロ・著)

なんだか、サブカル的な怪しい仕事を生業とする人たちへの取材をまとめた本。最後の著者自身の「怪しいお仕事体験記」が面白かったかな。あとは、タイトルから受ける以上の印象は特になかったですなー。やっぱり今は自分はルポよりも小説が読みたいのだな・・・と認識いたしました。

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木曜日)

今日読み終わった小説。

「女刑事音道貴子 嗤う闇」(乃南アサ・著)

音道貴子短編集の三作目。今作で一番好きなのが滝沢刑事の娘の問題に巻き込まれる「木綿の部屋」。滝沢刑事の、中年のおっさんっぷりが素敵すぎます。最後の、貴子の部屋の留守電に入れたメッセージとか、本当に作者は中年のおっさんの自然な挙動・喋りを描くのが上手いっすね( ̄∀ ̄)

とりあえず、文庫化されている音道貴子シリーズはこれで全部読んだかな。あとは、夏に出た「風の墓碑銘」の早期文庫化を望みます。乃南アサの小説は読みやすいので、他のも読んでみようかな。

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水曜日)

苺感満載チョコ

てなわけで、「明治リッチストロベリーチョコレート」とやらの記事を某掲示板で見かけたので食べてみました。

Meijichoco

画像だと単に赤いだけなんですが、実際はもっと派手なパッケージです。文字部分がピンクで、それ以外の赤い部分は光沢があります。そして味の方は・・・いやー、苺感満載( ̄∀ ̄)さすがに苺果実70%使用(生換算)しているだけの事はありますや。酸っぱいし。むしろ、ムリにチョコレートとして出さなくても・・・みたいな(笑)ちょっと南蛮テイストもしなくもなくもないので、独特の風味ではありますが、試してみてはいかがでしょうか。リピートは・・・するかもしんないししないかもしんないです( ̄∀ ̄;)

| | コメント (2)

2007年1月23日 (火曜日)

今日読み終わった小説。

「鎖(上・下)」(乃南アサ・著) (ネタバレあり)

音道貴子シリーズ。今回は犯人グループに貴子が拉致される話。どんな状況になっても刑事・・・という強いスーパーヒロインではなく、一週間に及ぶ監禁生活の中でストックホルム症候群の兆しも見えるぐらい、壊れて当たり前の一人の人間として描かれていたのが良かったです。どん底の精神状態から「私は警察の人間なんだ」と蘇るあたりがカタルシス( ̄∀ ̄)終わり方も完全復活して終わり・・・ではなく、まだまだ心身ともに傷が癒えない状態で終わるのもリアルで良いです。この話の後日談が短編集「未練」の中の「山背吹く」になるのですね。そっちでは最後に復活しているので一安心。

| | コメント (0)

2007年1月21日 (日曜日)

発毛マカロニ。

てなわけで、一ヶ月ぶりにハードロックカフェに御飯を食べに行きましたとさ。相変わらず店員さん達の気配りやサービスは良い感じ。まあ、最初に飲んだ「ピンクレモネード」のお代わりに「コーラください」と言ったのに「ピンクレモネードでーす( ̄∀ ̄)」と持って来られたのもご愛嬌(笑)それよりも今回はコレ。

Hdrccafe

嫁が頼んだ料理には、マカロニが大量に盛り付けられていたのですが、その中の一つが発毛していましたよ!!( ̄∀ ̄)いやーん。まあ、口に入れる前に気がついたので大事には至らなかったので良しとしましょう。わざわざ店員さんに言って恐縮させるのも可哀想だし、ブログのネタだけにとどめておこう。どこのお店かも内緒(笑)

今後は無毛マカロニでお願いします( ̄∀ ̄)/

| | コメント (2)

2007年1月20日 (土曜日)

昨日読み終わった小説。

「女刑事音道貴子 未練」(乃南アサ・著)

音道貴子シリーズの3作目にして、2回目の短編集・・・のつもりで読んでいたらネットで実はこれが4作目で、その前に「鎖(上・下)」がある事が判明orzこのシリーズは出来事がリンクしたりするので順番どおりに読まないと面白さが半減するのです。「鎖」で貴子が受けた精神的ダメージとか、知り合った彼氏とか・・・ああああ、順番間違えた~って、まあ、そんなに深刻でもないっちゃーないですけどね。

「未練」で好きなのは、表題作の「未練」かな。自分もカレー好きなんで( ̄∀ ̄*)あと、「よいお年を」に出てくる若い女刑事が今後出てきて貴子と組んだりしないかなあ・・・とか思いました。帰りの電車でこれを読み終わって、駅前の本屋で早速「鎖(上)」を買って帰りました( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木曜日)

あ〜

あ〜

コンビニで見つけました。「のだめののどあめ」…言いづらい!!( ̄口 ̄;)
アメは、はちみつレモン味でしたが正直おいしくなかったです…なんか、トイレの中っぽい風味が…(´・ω・`)

| | コメント (2)

2007年1月17日 (水曜日)

今日読み終わった小説<2>

「女刑事音道貴子 花散る頃の殺人」 (乃南アサ・著)

昨日読み終わった「凍える牙」のヒロインが主役の短編集第一弾。読みやすくて良いです。6話入っている中で一番好きなのが「茶碗酒」。大晦日の夜の警察署内の、どうという事のない描写なんですが、読んでいて心地よいのです( ̄∀ ̄)ちょっと、宮部みゆきっぽい感じもしました。巻末のオマケの「作者と滝沢刑事の架空対談」も嬉しいファンサービスと言えましょう。

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火曜日)

今日読み終わった小説。

「凍える牙」(乃南アサ・著)

女刑事・音道貴子がヒロインのシリーズ1作目(だと思う)。たまに探偵系、警察系のとっつきやすいのが読みたくなるので一気に読みました。まだ携帯電話が普及していない時代の物語なので、ポケベルとかが使われてます。気になったのが、ヒロインが非番の時にも警察手帳を持ち歩いている描写。最近でこそ、非番の警察官が事件に直面した時に円滑に捜査が進むように非番時でも警察手帳を持っている(もしくは、もてるようになる)のですが、昔はダメだったはず。でも、かなり取材して書いているようにも思えたので、特例とかもあったのかな。

あと、場面に応じて視点が変わるんですが、それがとても自然な描写で無理がないのが印象に残りました。

しばらくは、このシリーズを追っていこうと思います( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2007年1月14日 (日曜日)

最近観た映画。

「フライトプラン」(ネタバレあり)

・・・いやー、主演がジョディ・フォスターで密室サスペンスで飛行機モノで期待して観たら・・・・・・もうダメダメ映画でしたよー( ̄∀ ̄;)犯人のテキトーな犯罪計画が本当にダメダメすぎ。もし一つでも予測通りにコトが運ばなければ成立しないような計画はお粗末そのものでしょう。あと、そんな事より声を大にして言いたいのは、ヒロインはアラブ人に土下座して誠心誠意、詫びを入れるべし!!(ノ-皿-)ノ

点数・・・2点(10点満点)

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木曜日)

最近読んだ小説。

「そして粛清の扉を」(黒武洋・著)

あらすじ・・・卒業式前日、さえない中年女教師のヒロインが、自身が担任しているクラスの生徒全員を人質に取ってクラスに立て篭もり、一人ずつ粛清してゆく。

なんか、きちんと机に座らされている生徒・投げナイフによって絶命する生徒・タイムリミット・心理的揺さぶりによって疑心暗鬼になる生徒同士等、イメージが「バトルロワイアル」に似ています。ただ、「正義」の所在が「バトル」は生徒側、「粛清」は教師側にあるという事。まあ、ヒロインがやっちゃってる事を人道的に「正義」とは言えないのかもしれませんが、少年法で手厚く保護されてしまう少年犯罪の加害者に対してやり場の無い感情を持った事のある人ならヒロインに肩入れしてしまうのではないかな。自分は細野不二彦の「ジャッジ」も大好きなので、この作品も楽しめました。まあ、ヒロインが手を下すのは自分の娘を死に至らしめた二人(ハンドル握ってる奴だけならば一人)で充分って気もするんですが。

ラストの「種明かし」の部分・・・これも賛否両論っぽいですが、自分は気持ちよく騙され(?)て楽しめました( ̄∀ ̄)まあ、冷静に考えると「これまでの緊迫感のある攻防は一体・・・orz」という気持ちにも浸れるっちゃー浸れるんですけどね(笑)ヒロインが今回の計画を実行できるようになった経緯(これ以上キチンと書くとネタバレになってしまう)はあまり突っ込んで書いてないので逆に想像して楽しむ事ができました。あと、事件発生が「卒業式前日」っていうのも、なんだかある意味の清清しさを感じてしまった。

文章がちょっと硬い気もしましたが、ある意味狙ったところもあるそうだし、そんなに気にはならなかったかな。タイトルはなんだか北方謙三とか大藪春彦あたりが付けそうな感じもしたかなー( ̄∀ ̄)コミック版は一回だけ読んだんですけど、ヒロインがどう見ても二十代の女性に見えるのは・・・サービス?(笑)

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月曜日)

今日買ったマグ。

初めて行ったショッピングモールでお茶するのに、本当はタリーズに行きたかったんですが、スタバと珈琲館しかなかったのでスタバへ。で、売ってたマグに一目惚れ。てか、どっかの個人の人のブログですでに見ていて「欲しいのう・・・」と思ってた品だったんですが、こんなの。

Stabamag1

↑紙コップっぽい、マットな仕上がりがとても良いです( ̄∀ ̄)フチの所も紙っぽくクルリとなってるのも○。これでツヤツヤした質感なら買わなかったですなあ。

Stabamag2

↑例の、オプション(?)のチェックボックスまで再現されています。これが無かったら買わなかったですなあ。

福袋といいマグといい週イチで通う頻度といい、まるでスタバファンみたいですが、べっ別にそこまで好きって事じゃないんだからね!!・・・とデレっと終わりますよ。

| | コメント (0)

2007年1月 5日 (金曜日)

2007年年賀絵。

相変わらず、毒にも薬にもならない絵ばっかり描いています( ̄∀ ̄;)

2007thumb

色味が統一されてるような塗りが最近は好きかもしれません・・・と自分レベルが言ったところで、どないもこないも(笑)

| | コメント (2)

2007年1月 4日 (木曜日)

秋~最近のゲーム

まずは、去年の秋に買ったパチスロ物。「パチパラ13 スーパー海とパチプロ風雲録」。自分は、パチスロとか一切興味ありません。では、なぜ大枚6000円払って買ったのか・・・それは、中の「ギャンブラーRPG パチプロ風雲録5 -青春篇-」がプレイしたくてしたくてですよ( ̄∀ ̄)3Dな街中を高校卒業したての主人公がうろつき回り、パチスロ勝負や恋愛にうつつを抜かすゲームです。ゲーム誌の付録DVDで観て欲しくなりました。フィールド内の自由度が高い3Dゲームは大好きなんですよ。主人公はいきなり同級生だった女の子から「パチスロ勝負に勝って、ウチの工場を取り返して」とお願いされます。当然、選択肢で「勝ったらキスしてくれるなら」をチョイス。その後、まんまと勝利してイベントシーンに突入ですよ。

Pati1

↑呼び出された場所に行ってみると、お姉ちゃんの方から言い出してくれました( ̄∀ ̄)

Pati2

↑サワヤカな顔で、のうのうとほざく主人公。ちょっと頭に工事用ヘルメットかぶってますが、気にしない。

Pati3_1

↑非道いオンナです。怖いパチプロと慣れないパチスロ勝負をして、工場を取り戻して飲んだくれの親父も更生させてやったというのに、この言われよう。こんな奴には世間の厳しさを教えてやらないといけません。

Pati4

↑ここで4択出ました。確か、「じらしてやる( ̄∀ ̄*)」と思って一回目は4番を選んだらお姉ちゃんはそのまま帰って行ったのでロードし直しましたorz

Pati5

↑結局、3番を選択し直したらめでたく、こんな感じにチューができました。てか、こっちの唇カーソルをお姉ちゃんの唇に合わせるのがけっこーシビアで難しかったです。

・・・さて、こんなに愉快なゲームでしたが、このチューイベントのちょっと先で挫折しました。理由は「パチスロ部分がとてもとてもツマラナイ」から、です。いや、テキトーにやってたら勝てるんですけど、勝負が終わるまでの5分~10分が本当に苦痛な時間です。このシステムで、麻雀のが出たら即買うのに!!!主人公は女の子も選択できるので、女子の麻雀打ちの人にもオススメできます(笑)

そんでもって、今やってるのが極道喧嘩アクションアドベンチャー「龍が如く」( ̄∀ ̄)/最初にゲームの紹介をどっかで見た時に、売りの一つが「街にある、全ての物が武器になる」的な事が書いてあって、なんだかSEGAっぽいなあ・・・という感想で終わっていたのですが、年末に「2」が出て色んなところで評判の高さを聞くので、ベストで出ていた「1」を買ったというわけです。歌舞伎町をモデルとした街がとにかく広い。タクシー乗り場も三ヶ所ありますが、自分の脚で街をうろついた方がヤクザやギャングや不良やチンピラやゴロツキに絡まれやすいので、できるだけ徒歩(走り)で移動。サブイベントも豊富で、とにかく面白い。街で遊べるのもスロット・カジノ・賭場・バッティングセンター・UFOキャッチャー・地下闘技場と、色々あります。「2」は麻雀も出来るらしいですが、「1」はどうなのかな。ちょっとこのゲームで困った部分は、とにかく読み込みが多く、そして時間が長い・・・というところ。いや、ちょっとコレはどーにかなんないすかねー。でもまあ、お金稼ぎやら能力を伸ばす部分やらが楽しいし、なにより主人公の桐生一馬がイイ感じなので許せます( ̄∀ ̄)たとえば、タカシというキャラのトラブルを引き受け、逃がすシーン。場所はバッティングセンターです。

Ryu1

「今日はちょうど打とうと思ってたんだ」・・・・・・うん、カッコイイ。トラブルを引き受けても「別に気にすんな」的なセリフが大人の余裕と気配りを感じさせます(深読みすぎ)そして、チンピラ達に向かって・・・

Ryu2

「ひねくれたカーブをなぁ」・・・・・・いやちょっとカッコ良すぎじゃないですか( ̄∀ ̄*)やはり男たるもの、街のチンピラに対して一生に一度ぐらいは「ひねくれたカーブ」呼ばわりしてみたいもんですね!!ボクはムリですけどね!!

てなわけで、当分遊べそうな「龍が如く」。終わったら「2」も買おうかな。

| | コメント (0)

2007年1月 2日 (火曜日)

新年バーゲン戦利品

新年バーゲン戦利品

今日からバーゲンなので2日連続で「ららぽーと」に行きました。嫁は色々、服を買ってましたが自分は残念ながら服もバッグも出会いがありませんでした…。てなわけで、黒っぽい仕上げのメタルのリングを買いました。メンズのくせにワンポイント、光る石がプチっと付いてます。なかなか気に入りました(´∀`)

| | コメント (0)

2007年1月 1日 (月曜日)

福袋いろいろ。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします( ̄∀ ̄)/

てなわけで、いつもの船橋の「ららぽーと」の「福袋市」に行ってまいりましたので、報告。

1.ミスタードーナツの福箱(2000円)

Misdo1 Misdo2

これは大晦日に買いました。嫁が「ミスドの2000円のが欲しい」というので、家から行ける範囲のショップをサイトで検索して(10店舗ぐらい)電話かけまくって聞いたところ、1000円の福袋を扱う店がほとんど。3店舗ぐらいが2000円の福箱を扱ってました。そのうちの一軒に突撃。「好きなドーナツ20個引き換え券」プラス、アイテム・・・という感じ。その場で10個分のドーナツ・マフィンと引き換えてしまったので、画像には10枚しか券がありません。わりと派手っぽい箱です。フタがピンク。サイドもカラフルなポンデライオン。そして中身は・・・

Misdo3

ピングーのお弁当箱(箸付き)・お弁当箱を入れる手提げ袋・オレンジ色の、口が巾着になってるバッグ・生首・カレンダー・スケジュールン(シルバー)・スタッキング三段皿。自分達はポンデ系はいらないので(ネットでは少数派らしいです)、ポンデ物が無くて良かったです。10点中、5点。

2.お茶・紅茶の専門店「ルピシア」(旧レピシエ)の福袋(3000円)

嫁の趣味ですが、自分も飲むので家計で買いました(笑)色々種類があって、フレーバーティー無しの「梅A」を買いました。

2007

お茶っ葉が11種類と、袋の口をパチンと留めるプラスチックのアレが3本。箱の「福」の字が渋いなあ。お茶っ葉の事は、よく知らないので点数は付けられません( ̄∀ ̄;)

3.スタバの福袋(3000円)

去年も買ったので、今年もアタック。一つの値段で3種類あるんですが、中は見れません。重さをサーチするのは可能だったので、重いものをチョイス。

2007_1

2007年ハッピーニューイヤー的タンブラー(トールサイズ)・コーヒープレス・ミルク&シュガーポット・チョコ二枚・トランプ・豆・粉250g各一個。ポットはなかなか可愛いですが、うちじゃテキトーにお茶するからなー・・・使わないかなあ。トランプも微妙ですが、ジョーカーが「少女革命ウテナ」の影絵少女みたいで懐かしい( ̄∀ ̄)コーヒープレスは、紙フィルター無しで出来るので一度使ってみよう。タンブラーは、最近自分用のタンブラー(トールサイズ)を買ったら嫁も「私も買おうかな」つってたんですが・・・コレは柄がねorzちょっとカッコ悪いかも。点数・・・7点。

4.タリーズの福袋(3000円)

去年まで福袋は出していなかったはずのタリですが、スタバが成功しているせいか、今年は3000円・5000円の二種類を出して来てました。

2007_2

豆200g・マグカップ・ボウル・布バッグ(小袋付き)。スタバに比べると同じ値段でもかなりシンプル。布バッグは動物園行くとかのレジャー時に使えるかな?マグは元々好きなのでロゴも入ってるし嬉しいです。ボウルは、雑種の子の御飯皿がプラスチックで環境ホルモンとかが心配だから、早速換えてやってみたんですが、「コレ、自分の?」とすぐには食べない。おそるおそる口をつけても「なんか間違ってない?」とこっちをジーッと見るので、元のプラ皿に戻しましたorz猫もこだわりがあるのか・・・。点数・・・7.5点。

5.スタバの福袋(3000円)・二個目

詳しい店情報は書けませんが、某店でも夜になっても福袋が積んであり、すでに「ららぽーと」で購入済みだけどもリサーチに。おっと、ここのはなんだか中が見えます。あ、マグが見える。夫婦でチラ見していたら、ショップのおねーさんがやって来て、中のアイテムを一つずつ取り出しながら3種類の袋の説明をしてくれました。買う気は無かったので聞き終わってから、「ちょっと考えます」と撤収。でも、嫁と話すとマグと買ったモノとは違うデザインのタンブラーがお互い気になっていた事を確認しあい、買い物を終えてから再び戻り、さっきのおねーさんに「タンブラーを好きな色に入れ替えてもらうってのはダメですか?」と聞いたところ、小声で「全然ダイジョーブですよ☆」と言ってもらえました。お姉さん、ありがとう!オレンジ色のタンブラーにしてもらって、買ったのがコレ。

20072

すみません、猫が匂いをふんふん嗅いでおります( ̄∀ ̄;)CD(ソウル系)・チョコ二枚・トランプ・ブックカバー・豆250g・マグカップ(桜柄)・陽気なデザインのタンブラー(トールサイズ)。ブックカバーはネットで言われている通り、使い辛い微妙なシロモノ。マグは色もデザイもかなり可愛くて気に入りました。タンブラーも、これなら嫁が使うようなのでよかった良かった。スタバのは福袋の袋自体も、なんだか布っぽくてロゴマークも立体感があるプリントでちょっと凝ってて良いですね。点数・・・9点(お姉さんへの感謝分0.5点を足しました)。

なんだか、最近って福袋が流行ってるんですかね?なんかもー、祭りでしたよ。「ららぽーと」は明日からバーゲンが始まるようなので、明日も行って来ます(笑)・・・俺達は他にやる事はないのか。

| | コメント (4)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »