« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月曜日)

最近観た映画

ネタバレありです。

「クジョー」・・・スチーブン・キング原作の、狂犬病にかかったセント・バーナードが襲ってくるアレ。もっと、車内での極限状況とか描くのかと思ったら、意外にアッサリ。クジョーよりもむしろ、癲癇の発作を起こした子供の顔がすごい演技でした。点数=4点。

「バックドラフト」・・・嫁が好きな、消防士映画。アメリカとかだと消防士に対する尊敬の念だとか、憧れだとか英雄視するノリがあるんですかね。自分はコレ観るの二度目ですが、今回の方が感動したなあ。最後の現場で、カート・ラッセル演じる兄が、ウィリアム・ボールドウィン演じる弟の懸命の消火作業を見ながら、「見ろよ、さすがは俺の弟だ」と、初めて弟を認めるシーンとかからラストまで、良かったですわ( ̄∀ ̄)ハンス・ジマーのわかりやすい(笑)音楽もカッコイイ。点数=7点。

| | コメント (0)

2006年7月29日 (土曜日)

とうもろこし

とうもろこし

スーパーで買って来て、嫁に焼いてもらいました。いやー、ウマいですね(*´Д`)=з 元々、焼きもろこしが好きなんですが、北海道に新婚旅行に行った時に、ゆでもろこしも好きになりましたヽ(゜▽、゜)ノ

| | コメント (3)

2006年7月27日 (木曜日)

幻臭(笑)

最近、ヒマラヤンが床やイスの上におしっこをします・・・(-ε-メ)梅雨時というのもあり、なんだか家の一部がおしっこくさい(笑)電車に乗っている時も、ふとした瞬間にその臭いを嗅ぐ事があります。その話をすると嫁もそうらしいです。夫婦でノイローゼですか?(笑)

・・・笑い事じゃないなorz

| | コメント (0)

2006年7月26日 (水曜日)

ナチュラルローソン

オリジナルの20品目のお弁当とかって、低カロリーっぽくて美味しそうなんですが、お値段もイイ感じなんですよね(´・ω・`)かといって、毎度毎度のコンビニおにぎり・サンドイッチも飽きてきたし、ほか弁はカロリーがアレだし。同僚がダイエットに励んでいるので、頑張ろうかなあ。

でも、地元のパン屋さんで激ウマなシナモンロールを発見してしまったので、週末の楽しみはそれ一点です( ̄∀ ̄*)・・・ってダメじゃんorz

| | コメント (0)

2006年7月25日 (火曜日)

ラーメン

ラーメン

自分の好みは、味噌ラーメンですね。写真は地元の味噌ラーメン専門店の北海道味噌チャーシュー(…かな?)。少し塩味が効いてますが美味しいです(´∀`)昔から味噌ラーメンが好きですが、少数派で寂しい(´・ω・`)

| | コメント (0)

2006年7月24日 (月曜日)

とほほ

東風荘で流し満貫寸前だったのに、河底ロンって・・・(ノ-皿-)ノ

今日はこれだけ(笑)

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日曜日)

最近観た映画たち。

てなわけで、嫁ともども映画モードなのです。数ヶ月休眠中だったプロジェクターと5.1chもフル稼働ですよ( ̄∀ ̄)ネタバレありです。

炎のメモリアル」・・・消防士モノ。自分はトラボルタが好きだし、嫁は消防士モノが好きなのでチョイス。内容は、うん、確かにこのタイトルつくかな(笑)原題はもっとシンプルで淡々としていますが。主人公の最期にはびっくり。そっかー・・・。点数=5点

「ローレライ」・・・潜水艦モノ。邦画です。樋口監督って事で期待してたんですが・・・色々と残念な現象が。絵的にもカッコ良いシーンがいくつかあったんですが、もっとオタクにカタルシスを与えて欲しかったです。テニアン島を飛び立ったB29を砲撃するクライマックスとかでも、もっと熱いシーンにしていただきたかったなあ。角度をつけるために艦首を持ち上げる・砲撃準備しているうちに回りの艦船から集中砲火を浴びて艦はボロボロ・人は死んでいく・ついに艦尾から沈み始める・艦内のあちこちから爆発・沈みながら、ギリギリの所で主砲発射・B29撃墜・・・とか。ローレライシステムと共に切り離された二人が、なんかしてくれる(?)とか。改善点は色々とあると思うので(素人目には)、惜しいです。点数=6点

「M:i:3」・・・シリーズ3作目。「1」のスパイ集団らしさが戻ってきました。ただ、うーん・・・面白いんですけど、無条件に「DVDは絶対買い」と言い切れないところが・・・(笑)点数=6点

「ミッション・インポッシブル」・・・でもって、週末に「1」のDVDを買ってしまいました(笑)10年前の作品なので、トム・クルーズが若い若い。一番スパイ大作戦っぽいですかねー。点数=7点

「あずみ2」・・・うーん、困った。あずみが、知り合った男(過去に、あずみ自身が殺した仲間にそっくり)に「刺客なんてやめて、俺たちと暮らそうぜ」とか言われるんですが、それに対して「おれだって、そうしたい・・・」と即答。いやちょっと待て~。あずみとかは、物心つく前から爺に刺客として育てられてきたんでしょーが!なのに、なんでそういう考えになるかなあ。突っ込みどころ満載。敵も含めて、みんなが「あずみ大好き」状態なので、「お前らのアイデンティティはなんですか」と思わずツッコミたくなります・・・。ストーリーも浅いので、点数は2点。ちなみに、この2点は栗山千明に捧げます(笑)

「キングダムホスピタル」・・・米国のテレビシリーズの第一話。うーん、すごいシュールっぷり(笑)オープニングの曲と絵は素敵。点数=2点

「ナショナルトレジャー」・・・ニコラス・ケイジ主演の、お宝探し系映画。世界を股にかけるのかと思いきや、意外とちんまりしたスケールでした。うーん。点数=5点

「パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト」・・・面白かったっす。前作の伏線やら小ネタやら、全て回収しつつ、あんな人やこんな人や、あまつさえラストにあの人まで出てきますか!!という感じ。いやー、素敵。ただ、完璧に3作目に向かっての「前編」なので、一本の映画としての評価は、しづらいところ。そこを無理にでも点数つけるとしたら、7.5点(笑)

「ショーシャンクの空に」・・・嫁が好きな映画なので、最近DVD買いました。自分は観るの二回目なんですが、今回の方が前回よりジーンと来ましたなあ。主人公とレッドの友情に。点数=7点

「ミリオンダラーベイビー」・・・クリント・イーストウッドが女性ボクサーを鍛える話。ヒロインが、なぜ「ボクシング」を選んだかが描かれていないので、ちょっと困りました。あと、後半は重くて重くて予想外の展開。ちょっと二度と観れない映画です。点数=3点

「ライフイズビューティフル」・・・前半の、主人公のハイテンションにちょっとついていけなかったっす。幼い息子に、「これはゲームなんだよ」と過酷な収容所生活の事をウソをつくんですが・・・泣けなかったなあ。そういう、「父のウソ」という仕掛けとか、ラストの壁の角から戦車がやってくるのとか、泣ける要素のはずなのに泣けない。やっぱり、笑いと悲劇のバランスが自分には合わなかったようです。女装して逃げてサーチライトに照らされる場面なんか、あのカッコでぶらさがるポーズは記号としては「ドリフ並みのお笑い」でしかないので。医者のおっさんが「なぞなぞの答えを教えてくれ」というシーンも、笑うとこなのか、それとも「主人公一家の命なんかより、なぞなぞの答えのが大事だ」という、人種差別をこの医者もしていた・・・というブラックな場面なのか、よくわかんなかったし。点数=3点

他にも観たと思うんですが、このへんで( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2006年7月22日 (土曜日)

素敵な奥さん(旦那ver.)

ADSLモデムがブッ壊れたので交換をお願いしました。NTT様は、けっして土日には働こうとしない素敵な企業様なので、木曜日に思わぬ有給を取る事ができました。本当にありがとう、NTT様。

その日は、嫁が仕事に行く準備をしている時から家の中の掃除を始めて、見送ってからも掃除。10:30頃におっちゃんが来たけど、モデムを持ってこなかったので(何故!?)、2時頃に持ってきますって事で一度お帰りになられました。すぐに銀行に出かけて公共料金の口座振替依頼をして、帰宅してから昼食。1時過ぎにおっちゃんがモデムを持って再来。フリーダイヤルにてインターネット設定のやり方を教えてもらって東風荘を数曲打つと、もう5時近い。時間があればガトーショコラに挑戦するところですが、ノンビリもしてらんないのでいつものパウンドケーキを焼きました。その後、食器洗いをして猫に御飯をあげて、嫁を迎えに駅までクルマを出しました・・・って、ボクは主婦ですか。

まあ、ふつーの主婦は昼ごはんにケンタッキーを5ピース食べないかもしれませんが。

| | コメント (0)

2006年7月20日 (木曜日)

最近買った小物。

今まで、カギはフツーのキーホルダーでジャラジャラ持ち歩いてたんですが、職場と自宅と車のスペアキーをまとめて持ちたいなあ・・・という事でLoFtで、こんなん買いました。

Key3

↑黒地に赤いラインがかっちょいい( ̄∀ ̄)なんか、車のハンドル用として開発された素材らしいですよ。確かにグリップ性に優れているような、いないような。

Key2

↑全体に刻まれた、四角いディンプルがクルマっぽい。下手したらゴルフのイメージある?それはちょっといやかも・・・。

Key1

↑よく使う鍵は、長いチェーンに付けてキーケース外側のポケットに。これが意外と便利ですわ( ̄∀ ̄)

| | コメント (0)

2006年7月18日 (火曜日)

ゲド戦記

映画館の予告で観たら、めちゃくちゃ絵が荒くて、「宮崎絵の、ものすごい劣化コピー」な感じでした。画力の無い人が頑張って模写したみたいな。でも、テレビのちっさい画面で観ると気にならないっすね(´∀`) それはそうと、菅原文太は良い声してるなあ。なかなか、宮崎絵にマッチしてるような。こういう意外性があるから、「宮崎アニメは声優使わない」事に関しても、そんなに反発する気にならないですね(σ・∀・)σ

| | コメント (4)

2006年7月16日 (日曜日)

暑中お見舞い

暑中お見舞い

自宅のADSLモデムがいかれたので木曜日までネットができません(-"-;)ブログは携帯からの更新になりますから、長文は書けません、あしからず(´∀`)

| | コメント (0)

2006年7月13日 (木曜日)

おお。

ようやく夜にココログの更新が出来る( ̄∀ ̄)/

スタッフの皆様もお疲れ様ですな。

| | コメント (0)

2006年7月12日 (水曜日)

アイス三昧…

昨日に引き続き、朝から「クーリッシュ」。夕方には、ナチュラルローソンで買った、マスカルポーネとチョコマーブルのアイス最中(*´Д`)=зこれに、シャトレーゼで袋買いしたのが家に常備されたら無敵ですね(笑)

| | コメント (0)

2006年7月11日 (火曜日)

むう

昨日、電車の中で女子大生2人組の一人が…… 「うわ、出ちゃう出ちゃう、本当に!半端ない、出る出る…って、サイテーだよね〜(^o^;)またねえ」 と言って降りてゆきました。何が出るんだろう…(´・ω・`)

| | コメント (0)

2006年7月10日 (月曜日)

生きてます…

更新してないですが生きてます。死んでるのはココログ(-_-#)昼間も繋がらないって、どうゆう事っすか。これは、職場からのモブログです。映画のレビューとかも書きたいのに。ココログフリーは順調……とか、他のプランの方はおっしゃってるようですが、安心してくらさい。フリーも、ちゃんと止まってますから〜(怒)

| | コメント (6)

2006年7月 7日 (金曜日)

次号予告

次号予告

帰宅すると、「近代麻雀オリジナル」の最新号が送られて来てました。次号予告ページにタイトルとカットが乗ってました。まるで、漫画家にでもなったような錯覚を覚えますな!(*´艸`) ほほう、新感覚4コマ…。でも、絵は古いのね…orz

| | コメント (4)

2006年7月 6日 (木曜日)

ココログにアクセスできません(-"-;)

夜のアクセスは無理。仕方がないから、朝っぱらからモブログです。なんだか、48時間もシステム止めてメンテナンスするみたいですが、はたして┐(´ー`)┌

| | コメント (0)

2006年7月 4日 (火曜日)

DEATHNOTE最終巻

DEATHNOTE最終巻

発売日ですね。ライト、不様…(*´艸`)ジェバンニは腱鞘炎にならなかったのかが心配です(´・ω・`)

| | コメント (0)

2006年7月 2日 (日曜日)

週末に観たDVD。

まず一本目・・・「あらしのよるに」(ネタバレあり)

世間的にっていうか、ネットとか漫画好きな人たち(てゆうか、女の子達)の間でBLだBLだと言われていたのは、もちろん知ってました。でも、それってある種のお祭りみたいなモンで、そんなに・言うほど・たいして・BLでもないんじゃないの?とか思いながら観たら・・・普通にBLでした(笑)つーか、「秘密のトモダチ」「胸がドキドキ」・・・いや、それって恋愛(´・ω・`)ガブとメイが二人だけの愛の逃避行を始めてから、ガブは気を使ってメイが寝てる間に肉を喰いに出かけるわけです。そーすると、自分はオオカミだから、肉を喰わないと生きていけないと、至極まっとうな主張をするガブに対してメイは「だって、イヤなものはイヤなんだモン!」とワガママ言ってみたり。これって、同棲始めたカップルが一緒にいる時間が長くなりすぎるとお互いのイヤなとこが見えてきて、ついケンカしちゃうっていうアレですよね( ̄∀ ̄*)ああ面白かった。

あ・・・冒頭の、メイのお母さんが複数のオオカミに生きながら喰われるシーンは、ちょっとビックリ。まあ、カメラ引いてたからハッキリとは見えないけど。あと、雪山のとこでガブが自分のお腹叩いて、「鳴るな、鳴るな!」と叫んだり「なんでオイラ、オオカミなんかに生まれちゃったんだ!!」と叫ぶあたりが泣かせどころのはずなのに、その次の瞬間には、あっけらかんと。うーーーん、なんだか観客の感情の着地点をしっかり用意していただきたかった。でも、そこで号泣した人もいるらしいので、私の感性がおかしいかもしれないですね。点数・・・5点(10点満点)

二本目・・・「下妻物語」(ネタバレあり)

こーゆー、ある種サブカル的な映画・・・しかも邦画を観ないはずの嫁が「観たいかも」と言い出したし、自分も興味あったので観ました。いやー、土屋アンナかっこいい!!あの目力がいい!!声もいい!!

Cap134a ←目力。

色々とギャグとか散りばめてあったり、画面も工夫があったりするんですが、こういう事をする邦画は寒くなるのが当たり前のはずなのに・・・寒くない!これはびっくり。オープニングの動き・止め・動き・止めのセンスもいい!!しょっぱなから引き込まれました。おばーちゃんのHONDA DJ-1Rで爆走するフカキョンが八百屋の軽トラにぶつかって、フカキョンが宙を舞うシーンも素晴らしい( ̄∀ ̄)今後、勤務先の駅のホームで甘ロリのあの女の子を見ても、きっと心の中で「がんばれ」ってエールを送れる気がしますよ!!(笑)よし、このDVDはいずれ買おう!点数・・・8点

あらしのよるに スタンダード・エディション DVD あらしのよるに スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

下妻物語 スタンダード・エディション DVD 下妻物語 スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2004/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »